イメージ1

元本割れをしたことがないという商品

MRFは普通預金に近い商品であり、1円単位で購入、即時解約が可能となっています。 購入手数料は不要となります。 プール資金としての性質から、ローリスク・ローリターンであり、預金での利子に相当する分配金の運用利回りは、円建ての「Money Management Fund(マネー・マネジメント・ファウンド)」よりも相対的に低いものとなっています。 その反面、流動性がとても高いものとなっています。 具体的には、「元本の安全性の確保をめざしての運用」、「毎日の申し込みや換金が可能(手数料なしで入出金自由)」、「格付け会社から高格付けを取得」、「毎日の決算とその分配金は月末にまとめて再投資可能」、「信用度の高い実績分配型再建ファンド」といった特色があります。 また、MRF口座による入出金を前提とした証券口座は特に「証券取引口座」と称され、クレジットカード代金の引き落とし口座としてMRF資金を自動解約させ、決済するという形で口座振替させることも、大和証券やマネックス証券等の一部業者で可能となっています。 証券口座に現金を預けるだけでは金利はつかないのですが、MRFの口座を開設していると分配金を貰うことが可能となっています。 分りやすく云うのであれば「利子がつく」ということになります。 ただし、いくら普通預金と同じような感覚でと云っても、給与振込や公共料金等の引き落としには使用出来ないので気を付けなければいけません。 そして、MRFは投資信託の「一種」なので、元本が保証されているものではないので注意が必要です。 しかし、国内で作られたMRFが元本割れを起こすというケースは非常に稀です。 ですので、元本保証ではありませんが、元本割れをするリスクというのが低い金融商品といえるでしょう。